スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

いちご狩り

八戸市南郷区にある泉清水いちご生産組合で2月から5月下旬までいちご狩りを楽しむことができます。
ここには、Jazzで有名な南郷ならではの「ジャズ姫」というイチゴがあります。

大好きなイチゴを遠慮なく食べれるだけあって、もう年甲斐もなくはしゃいでしまいました。
広いハウスの中には、真っ赤になったイチゴ達が沢山いました。
000131.jpg

今回、狩ったイチゴは「とちおとめ」。

000130.jpg

もう、沢山ありすぎてどれを食べていいかわかりません。

写真を撮るのも忘れて無心で食べ続けてしまいました。
酸味となんとも言えないイチゴの甘味がもう幸せいっぱいにしてくれました。
お花を付けたイチゴさんまで(笑)
000132.jpg

かわいいでしょ?
この子は、この後お腹の中にしまっておきました。

皆さんも是非行ってみてください。
狩って食べなければ味わえないイチゴを堪能できます。

ここは、時間も無制限で心行くまで楽しめますよ。

行くときは、電話が必要なので忘れずに☆
電話 0178-82-2881

ちなみに料金は
中学生以上/1,500円、小学生/1,300円、3歳以上/700円、幼児/無料

場所がわからない方の為に「続きを読む」にauのGPS位置情報を載せましたので、利用してみてください。URLをメールで携帯電話に送れば、auのezナビで案内してくれます。
パソコンでも見れますよ。

お願いします▽



【“いちご狩り”の続きを読む】
スポンサーサイト

田吾作

友人に連れられ、「ホルモンの店 田吾作」に行ってきました。

ここは、安くて旨かったです。
店内は、居酒屋風。
ホルモンを頼むと、炭が出てきます。

これで、一皿390円

この炭焼きがとても美味しい
000128.jpg


炭火で焼いたホルモンをつけるのは、「秘伝のタレ」
000129.jpg


「しょうゆ」と「味噌」両方味わえます。
これが、またいい味でしたよ。
作り方は、「秘密」だそうです。

このほかにも、なまこ酢などの青森の味も楽しめます。
おにぎりもかなりのボリュームでした!

このやさしさは、大学に近いからかな?

場所は、国道45号線を八戸から岩手方面に向かっていって八戸工業大学を通り過ぎて、八戸ライセンススクールの手前右側にありました。
機会があったら是非行ってみてください。

店の方は、とても優しい方でした。
カラオケを進められますけど…。

お願いします▽

古里河川公園

八戸市の直ぐ下の三戸郡階上町にある「古里河川公園」

ちょっと、行く時期が早すぎましたね。
ここは、渓谷にある公園で夏になると水と戯れることができる涼しいところ。

今の時期は、ちょっと寒さが出てますね。
でも、夏の為にとりあえず☆

なんとなく周りの雰囲気に合う橋があります。
000126.jpg

寒そうですね。
でも、看板が見えますか?
なんと、「飛び越えて川を渡らないでください」って書いてあります。
どう見ても無理でしょ(笑)?

そして、ここのいいところは。
000127.jpg

これ!
河を利用したプール(?)
夏を想像すると、冷たい河の水で涼しめそうでしょ?

こんな自然を活かした公園は少ないのできっと楽しいですよ!

お願いします▽



波高観測施設

蕪島といえば、ウミネコですがこんなものがあるの知ってました?

『波高観測施設』
餌売りの裏手にある小屋のような建物がそうです。
000124.jpg


この下にあるモニターで表示しています。
000125.jpg

『最高波高・周期』
『有義波高・周期』
『平均波向・分散角』
『平均風速・風向』
ここで集められたデータは、『(独)港湾空港技術研究所』でデータ処理及び統計解析を行って様々なことに活用しているそうです。

コレを見てもなんだかよくわかりませんが、なんとなく八戸の海の動きがわかるような気がしますね。

詳しくはこちらで⇒、『(独)港湾空港技術研究所

お願いします▽

ポートアイランドのベンチ

以前にも紹介した「ポートアイランド
ここは、整備が進み充実した設備があります。

八戸の港を見ながら座れるベンチと歩道
000123.jpg

今の季節は、流石に寂しげですね。
街頭も静かな光で優しげです。

ベンチからは、シーガルブリッジや館鼻魚港を見ることができます。
また、行きかう船を見るのも楽しいかもしれませんね。
漁船ですけど(笑)

お願いします▽

潮吹き穴

前回紹介した宮古市「浄土ヶ浜」の少し上にある「潮吹き穴
岩場にある穴から勢いよく海水が吹き上がります。

「ゴゴゴゴゴッ…」という低い音が鳴り、海水が吹き上がります。
000091.jpg

潮の流れが速いときには、30メートルにも達するそうです。
是非見てみたいものです!!
これは、また行くしかありませんね!

この潮吹穴の規模は、全国でも代表的なものだそうです。
また、昭和14年には国の天然記念物に指定されました。

見えますか?
000092.jpg

ここの穴から一気に海水が吹くんですよ。
もう体全体で味わうことができます!

お願いします▽

白鳥さんまた来年

先日、十和田湖に行ったとき白鳥の数がずいぶん減っていたので驚きました。
でも、よく考えるともうすぐ春。
白鳥達も故郷に帰る時期ですね。

白鳥と戯れるのが冬の楽しみの一つですもん。
今年も、実によく遊びました。
000056.jpg

白鳥達の餌の取り合い(笑)[2月撮影]

「ハイ!白鳥さんこんにちは!」
000057.jpg

「誰だよ!?」[2月撮影]

白鳥がいなくなるのは寂しいですが、また来年元気に戻ってくるのを楽しみにして…。

お願いします▽


御食事処 絹

八戸市の繁華街岩泉町にある御食事処「絹」

75歳になるお母さんが切り盛りしている所。
朝方近くまで店を開いていて、飲んだあとに来たくなるお店。

なかなか歴史を感じさせてくれます。
000122.jpg

これまた、ゆったりした時間が流れていて、飲んだあとでも落ち着いてお話できます。

ここの料理は、まさにお袋の味ですね。
料理の殆どは、皿盛りですがせんべい汁やひっつみなどは、作ってくれます。

この日も飲んで、小腹が空いたので「ひっつみ」を注文しました。
000121.jpg

昔、近所のおばさんが作ってくれた懐かしい味でした。
あっさりしていて、深い味わい?

こうゆう落ち着けるお店っていいですね。
気分は、宅飲み。
お勧めです。

お願いします▽


十和田湖…春の足音

だんだんと春らしくなってきました。
春が近づくとなんだか嬉しくなってきますね。

春を感じるために十和田湖にいって来ました。
冬の間凍っていた湖面もだんだんと溶けてきました。
000119.jpg

遊覧船も気持ちよさそうですね。

湖面の端っこには、まだ少し氷が残っていました。
000120.jpg

日差しも温かくて気持ちよかったですよ。

お願いします▽


お土産に南部せんべい?

八戸市の人気のお土産といったら「南部せんべい」ですね。

あの軽いパリッっとした食感は、他にはない美味しさです。
テーブルの上に「南部せんべい」
気が向いたら「南部せんべい」
お客さん来たら「南部せんべい」
みたいな感じですね。

特にゴマせんべい!微妙なゴマの風味で何枚食べても飽きないですね。
素朴な味だけど、やめられない南部せんべいは、お土産にしてもとても喜ばれます。

先日、八戸駅隣にあるユートリーにこんなものがありました!
000106.jpg

「南部せんべい手焼きセット」

おおおお!
すごい!!これは、欲しいですね!
せんべい中毒になっても、自宅で直ぐに作れちゃいます。
柔せん好きもからっと好きも自由自在!!
優れものです。

定価は、4200円
せんべいの素の粉も売ってましたよ。

南部せんべい中毒のお知り合いにお土産には、最高ですね!!

お願いします▽



飲んだあとも

八戸の繁華街、ロー丁にある「きんとん」
ここは、普通に食べにいっても飲んだ後に行って美味しいです。



ラーメン美味かったなぁ…。

自分は、特に餃子が好きですね。
ものすごい肉汁が食べれば出てくるんですよ!!
旨みたっぷりです。
思い出しただけでヨダレ出てきます。

一度食べれば、病み付きになっちゃいます。

店内も、八戸っぽい飾りもあってなかなかいいですよ。

お願いします▽


スルメ専用!?

八戸市は、イカの水揚げが日本一なので、イカ製品が沢山あります。

スルメもそのうちの一つですね。
スルメというと、ストーブの上に乗っけてつまんで食べますが、なんとスルメ用にこんなものが売っていました!!

その名も「スルメが焼け太郎」
000099.jpg

ちょっと、絵が悪いのはご勘弁を…。

なんと、コレを使うとイカを焼いてもイカが丸まらないんだそうです…。
でも、そんなこと気にして食べたことないですよね(笑)

お土産にスルメと一緒にどうですか?

製造しているのは、新潟県ですけどね。


お願いします▽


はちのへの街と

八戸の街並みです。
たまには、こんな眺めもどうですか?

000074.jpg


そして、いつも気になるのがこの看板
000075.jpg

かなり古びた「長崎カステラ」の看板。
いい味出すぎです。

お願いします▽

とらや

昨日は、友人にとてもいいお店に連れて行ってもらいました。
三日町中央ビル地下1階にある「とらや」です。

マスターがこれまたいい人なんですよ。
いい雰囲気の店内でお店の壁には、オードリー・ヘップバーンのポスターが沢山貼ってありました。
000113.jpg

ここのお店の特徴は、昔流行った皿盛りです。
お皿に盛られている料理を選ぶと盛ってくれます。

料理は、八戸らしい家庭料理もあって、とても美味しいんですよ!
000112.jpg

キクのお吸い物

この「とらや」、開店してから18年と、歴史あるお店なんだそうです。
こんなに長く続けられるのは、お店がすばらしい証拠ですね。
あと、信じられないほど安い!
会計の時に間違えてると思っちゃいますよ!
是非行ってみてください。

お願いします▽



八戸駅で暇つぶし

八戸市の玄関口「八戸駅」には、色んな発見がありました。
まず。
これ▽
000103.jpg

MAXですよ!
なんか、前から時々来てるみたいですけど、八戸駅でMAXをみるとはおもいませんでした。

そして、下に降りると傘の無料貸し出しもありました。
000105.jpg

八戸駅東口出て左側にありました。
こんなのもあるんですね。
突然の雨もこれで大丈夫ですね。

そして、八戸図書情報センター
000104.jpg

時間があるときは、ここで暇つぶしできますね。
ここには、図書のほかにも八戸の情報誌など観光にもってこいの本などもたくさんおいてありましたよ。

八戸駅で暇つぶしでした。

お願いします▽

馬肉料理 吉兆

十和田市にある馬肉料理の「吉兆」へ行ってきました。

義経鍋を食べたのですが、もう旨過ぎでした。
一緒に行った橙色のFoma使いさん、1207Blueさんはなはな22さん箱男さんみんな言葉を失い黙々と食べていました。

「義経鍋」
000111.jpg

見てください、この照り具合!見ただけでよだれが出ちゃいますね☆
馬の肉は、食っても脂が全然しつこくなくて、肉の旨みがジュワっとくるんですね。
何枚でもたべれちゃいます。
手前の小鉢は、馬の筋煮込みです。
これまた美味い!!

この、義経鍋の鍋がまた独特ですよね。
鉄板で焼いた馬の肉が手前の受け皿に落ちるようになっているんですね。さらに、このたれてきた脂を…(涎)。
さらに鉄板の上では、さっぱりしたものを煮るようになってるんですね。
これを考えた人は、凄い!!

幸せなひと時を過ごせました。

お願いします▽

三八城公園

八戸市庁隣にある公園
「三八城公園」
この公園は、初代藩主南部直房が築城した八戸城の跡にあります。
000068.jpg


久しぶりに三八城公園にいきましたが、整備されていてとてもキレイになっていました。
なんか、昔はちょっと怖い雰囲気だったのですが、今では開放的な公園に変わっていました。

南部直房の像
000069.jpg

どこを見ているのでしょうか?

この公園は、とても眺めがいいです。
展望台みたいなものまでありましたよ。


お願いします▽



しおで

有名なラーメン屋さん「しおで」

八戸市街から、45号線を岩手方面へ向かうと右側にあるラーメン屋さん。坂道を登りきるちょっと手前にあります。

メニュー
000107.jpg

支那そばおいしです。
おにぎりがこれまた美味しい☆

気になったでしょ?「えんぶりらーめん」
000109.jpg

いい色してます。具もこれまたいいんですよ。
シャキシャキですよ☆
辛おいっしいです!!!!

他には、無い美味しさがありますね。

「えんぶりラーメン」は、えんぶりのように頭を振るくらい辛いから「えんぶりラーメン」という名前なんだそうです。
このラーメン、辛さの調節ができるんですね。
普通に注文すると、ちょっと辛味を抑えて出すそうです。
辛い物好きの方は、注文するときに頼めば辛くしてくれるそうです。
もちろん逆もできるそうです。

店内には、カメ
000108.jpg

磯っぽい雰囲気でいいですよ。
ランプもレトロでいい感じですね。

是非、食べてほしいですね。

お願いします▽

浄土ヶ浜

昨日紹介した龍泉洞から少し南へいった宮古市の「浄土ヶ浜」へ。
「浄土ヶ浜」という名前は、宮古山常安寺七世の霊鏡竜湖が、「さながら極楽浄土のごとし」と感嘆したことからついたそうです。
名前の通り、極楽浄土のような世界でした。

000088.jpg

ゴツゴツとした岩が神秘的です。

日本の水浴場88選にも選ばれているそうですよ。
浜ですが、ゴツゴツした石が一面に広がっています。
裸足だとちょっと痛そうですね。

000089.jpg


ここは、本当に落ち着いてしまいます。
夕方まで居座ってしまいましたが、夕日に染まった景色もなんともいえない美しさです。
000090.jpg


この日は、あまり人もいないでのんびりできました。
売店のおじちゃんが、今の時期は、ちょっと寒いですが観光客も少ないのでゆっくり見るにはちょうどいい時期だそうです。

お願いします▽


龍泉洞

八戸から車で2時間ほどいったところにある岩手県岩泉町龍泉洞日本三大鍾乳洞で地底湖は、世界有数の透明度を誇っています。

夏場は、涼しく冬は、それなりに暖かい
そして、とてもキレイな水。
住みたくなりますね。
000084.jpg

青い水が流れる様がとてもキレイです。

000085.jpg

この透明度は、初めてみると感動しますね。
初めて発見した人は、さぞ感動したでしょうね。

洞窟内にも植物が育っていました。
000086.jpg

透き通るような緑が、ライトの光を浴びてとてもキレイです。

長年かけてこの大きさになったかと思うと、入るのに躊躇しちゃいますね。
000087.jpg



お願いします▽

漁港ストア

八戸市館鼻魚港にある魚港ストア

八戸っていったらココでしょうか?
まず、雰囲気からして美味しいんです。
こここそ、早い!旨い!!安い!!!ですよ!

もちろんBGMは、演歌ですね。
暖かくなると、八戸魚港をみながら食事を楽しむことができます。
冬場は、風除けのガラス戸が付いちゃいます。
夏場は、海の風がとても気持ちいいんですよ。
そして、海鳥の泣き声に潮の音に船の…いいですね。

店内の雰囲気
000095.jpg

港っぽくて(?)いいですね。
見てください「感謝の心」でそば湯サービスです。
カウンター中央のガラスケースには、トッピングや一品おかず用の海老天やイカゲソなのどがあり、殆どが100円を切っているといううれしさです。
おばちゃんに言うと、別料金で乗せてくれます。
000096.jpg

海老天そば

お水は、ワンカップのコップで飲むんですよ!お洒落♪
海鮮ラーメン
000098.jpg

竹輪とイカゲソがのっているのがいいですね♪
でも、なぜ海鮮なんだろう?って思います。
そして、レンゲのお尻の穴も気になります。

おでん
000097.jpg

いつもココで食事をすると金銭感覚か狂います。
この日も「さつま揚げ」「こんにゃく」「ちくわ」「凍み豆腐」「ゆで卵」を食べてもたったの160円でした。

やっぱり、魚港ストア最高です!!

お願いします▽

ウミネコの季節

今年も寒い冬を南で過ごしてきたウミネコ達が蕪島へやってきました。

これから、蕪島も賑わってきますね。
やっぱり、ウミネコがいないと寂しいです。

八戸は、えんぶりが終わりウミネコが来ると春が来たって実感します。
まだ、風は強く冷たいですが来てくれました。
風に流されながらも飛んでいます。
000093.jpg

「蕪島とウミネコ…春」
すごい数のウミネコでしょ?
「ミャーミャーミャー」と大合唱してましたよ。

この数で飛んでくると圧倒されますね。
空を埋め尽くす勢いです。
全部ウミネコですよ!
000094.jpg

ウミネコなんですけど、まるで虫でも飛んでいるかのようです。

お願いします▽

はちのへ駅

かなり、タイミング外しました。
先日、友人の見送りに八戸駅へいってきた時に撮ってきた写真です。

そうです。
青森県唯一だった自動改札です。
この日の夜に青森駅に自動改札設置のニュースが…。

とりあえず、今日から青森駅も自動改札運用開始(ですよね?)ってことで。

新幹線で八戸駅に到着するとえんぶりがお出迎えです。
000102.jpg

そして、話題の自動改札…。

以上。

新幹線の出発まちです。
000100.jpg


はい

000101.jpg


いってらっしゃい♪

お願いします▽

野田村

八戸市から海岸沿いを南へ車で1時間30分ほどいったところにある野田村へいってきました。

この野田村は、昔から製塩が盛んだったそうです。
そして、牛で塩を運んでいたことから、ここの牛は「野田ベコ」と呼ばれるようになったそうです。
000076.jpg

道の駅にあった像

とても目につきます。
昔は、大変だったんですね。

道の駅でご飯をいただきました。
レストランからは、野田駅を見ることができるので、面白いです。
残念ながら、電車がくることはありませんでした。
000077.jpg

「野田駅」
道の駅レストランから

野田の塩を使ったラーメンがあったので食べました。
この野田塩をつかったラーメンを出しているのは、ここの道の駅だけだそうです。
000078.jpg

無駄なものは、一切なしでおいしかったです。
ラーメンにのっているワカメとホタテも野田村の特産品で、日本一の味だそうですよ。

お願いします▽


春の足音

またまた蕪島ですいません。
最近、八戸も次第に暖かくなってきて、積もった雪もほとんどなくなりました。

この時期になると道路に雪もなくなり、夜も路面が凍結することも少なくなるので移動がとても楽になってきますね。

特に今日は、雲ひとつない青空でアッツいってくらいでしたね。

街の彩りも次第に変わってきました。
桜の開花が待ち遠しいです。

あと、1ヶ月もするとここから見る景色に緑が入ってくるんですね。
000048.jpg

[夕暮れ時の蕪島]
夕日がとてもきれいでした。

まだ、夕方になると風は冷たいですがマッタリしてきました。

お願いします▽


長者山の思い出…冬

今日は、長者山にある自分の思い出の場所を紹介。

入り口などは、道路の拡張で結構変わってしまいましたが、入り口の手すりは昔のままでした。
000062.jpg

この手すりがお気に入りでした。

こちら側の登り口は、昔燃えました。
000063.jpg


「立ち入り禁止」?
左側が「女坂」右側が「男坂」
「女坂」は、普通のゆるい階段ですが、「男坂」は岩の上を飛び飛びして上っていきます。
「男坂」でよく競争をして遊んだものです。
今思うと、よくけが人がでなかったなと思います。
そして、ここの入り口前から入るわき道には、口裂け女が出るという噂がありました。

そして、加賀美流騎馬打毬が行われるところ。
000064.jpg


右にある東屋の下は、初めてあり地獄を捕獲したところです。
昆虫好きだった自分にとっては、忘れられない場所です。

昔の思い出の場所にいくっていうのもいいものですね。

お願いします▽




長者山…冬

3月は、祭りもほとんどないので少し寂しい季節ですね。

今日は、八戸市の中心にある長者山を紹介します。

長者山には、新羅神社という神社があります。
御由緒…と、いう説明の看板があり、昔から何回も読んでいますが、初めてちょっと理解して読んだと思います。

八戸藩2代藩主南部直政が延宝6年(1678)に創建した。
長者山でおこなわれる行事により四季の移り変わりを知ることができる。
こんなもんかな?

000059.jpg


「新羅神社」
この下にあるお寺があるのですが、小さい頃は、この神社を寺の小屋だと思ってました。

000060.jpg


「えんぶり発見!!」

[義経伝説]
なんと、長者山に「義経伝説」がありました。
これには、驚きました!!
000061.jpg


これによると、所々省いて……
昔は、「長山」と呼ばれていた。それが、訛って今の「長山」になった。

今まで金持ちが住んでいたから「長者山」だと思っていました。
すぐ近くにあったものでも知らないことって多いんですね。

お願いします▽


はちのへ海の玄関

八戸といったら港町。
漁船にフェリーにタンカーなど様々な船が港に着きます。
先日、北海道から来ていた親戚を見送りにフェリー埠頭まで見送りに行ってきました。
この日は、あいにくの吹雪でした。

000058.jpg


かなり演歌が似合いそうです。
がんばれ「ベガ」

何故かフェリーの見送りは、寂しさが増してしまいます。
でも、自分がフェリーに乗るときは、楽しさが増してしまいます。
やっぱり、電車とかにはないものがあるんでしょうね。

この日は、フェリーも結構揺れただろうなぁ…。

お願いします▽


奥入瀬渓流…冬…

冬の奥入瀬渓流は、道路の路肩に除雪された雪が積もっているので、見るところも少ないですけど奇麗です。

真っ白い景色に透き通った川。
いいですね。
000052.jpg


道路脇には、湧き水(?)が凍って大きな氷のツララができてます。
すごい迫力です。
000053.jpg

やっぱり、自然の作るものって凄いです。

四季があるって、感動も4倍になるのかな?
こんな青森県ってやっぱり素晴らしい。

お願いします▽


種差海岸…冬その4

大須賀海岸から南へ行ったところへ。
種差海岸です。
ここは、正面に駅もあるのでとても来やすいところです。
夏になると、あたり一面天然の芝生となります。
とても気持ちがよくなる風景なので早く紹介したいです。

芝生があって海辺は岩場になっていているので、ここもまた不思議な場所です。
000045.jpg


海辺にいくと、こんなものを発見しました!
000046.jpg

越冬している「ウミネコ」達です。
本来、渡り鳥なので冬場は南の地で過ごすウミネコですが、越冬するウミネコもいるそうです。
ここは、ウミネコ達の別荘でしょうか。
近くの岩場には、マガモの姿もありました。

寒く風が強い中、ウミネコ達が餌を求めて飛んでいました。
000047.jpg


どことなく不思議な風景というか、いろんな風景を混ぜ合わせたような種差海岸を司馬遼太郎は、「むしろどこかの天体から人がきて地球の美しさを教えてやらなければならないはめになったとき、一番にこの種差海岸に案内してやろうとおもったりした。」と、いっています。なんか、わかる気がします。

初めて青森県へ来る方は、是非訪れてみてください。

お願いします▽


FC2Ad

相続 会社設立

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。